ニキビと食生活の密接な関係

ニキビと食生活の密接な関係

ニキビと食生活

ニキビは私の場合は、食生活が深く関係しています。

3食バランス良く食べている場合は、肌の調子は全般的に良好な状態を保てています。

若干夜更かしなど就寝時間がずれたり、睡眠時間が減るようなことがあっても、野菜や果物など食事を栄養バランスが整えるように心がけていることが、大切だと感じています。

私がニキビに悩まされる時は、チョコレートなどスイーツの油分の摂りすぎの場合が多いです。

あごの周辺にできてしまうことが多く、大きさも様々で大きなものとなるとメイクする時もカバーに苦労しますし、痛みをともなったりすると気分が憂鬱になってしまいます。

特にチョコレートや甘みの強いスイーツは、油分や糖分などが過多の場合が多く、消化する際様々な面で影響を及ぼすと一般的に言われているらしいので、普段は気を付けるようにしています。

しかし、行事ごとが続き贈り物として頂いたり、年末年始などの時に普段よりも倍の量くらい食べることがあり、そうした時はどうしても食べ過ぎの状態に陥ります。

友人へお裾分けしたり、家へ友人を呼ぶ時は出したりと工夫するのですが、賞味期限の関係するものも多く、そういったことができない場合も多いです。

ニキビ対策

ニキビができてしまった時は、身体が油分の摂りすぎ、というサインを出している現れなので、スイーツ類の摂取はできるだけ控えるようにします。

そうしないと既存のニキビは悪化し、新たにニキビが生み出されるという悪循環になってしまうからです。

また、肌を清潔に保つようにして、メイクは帰宅時にすぐ落とすようにして、肌をリラックスさせるようにします。

新陳代謝を促すように、軽いウォーキングなどの運動を積極的に取り入れるようにします。

体調や天候なども考慮して、自宅でできるストレッチや、お気に入りのエクササイズDVDを観ながら取り組むのも、やる気も持続しますし効果も得られる方法だと思います。

食事も意識的に、野菜の量を増やし、動物性脂肪を含む食材を控えるようにすると、1週間くらいしてから沈静化してきます。

ただ年齢とともに代謝は落ちてくるのは避けられないので、やはり食べ過ぎないように注意するのが一番かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です